社内SEに必要なスキル・知識

社内SEという職業は、SEの転職市場でとても人気のある職業です。
勤務する企業の情報システムを扱うITエンジニアとして、業界や業種を問わず多くの企業において、存在意義が高まりニーズが増えています。
転職先として社内SEを希望する求職者は、安定志向が見受けられます。様々な現場で仕事を行うSEにとって、過酷な労働条件とは無縁の安定した環境で、社内システムの保守を主な仕事にできるというイメージが、魅力的に映る部分だと思います。
社内SEに転職するには 社内SEが携わるであろう業務内容は、IT戦略企画、システム開発、サーバ・ネットワーク管理、ヘルプデスク業務など様々な仕事があります。 そしてその中でもあなたが携わる業務は、企業によって大きく異なることになります。

社内SEに求められるのは、ITの専門的なスキル・知識や人間資質的なスキルです。
ITの専門的なスキル・知識は、社内の情報システムを開発・運用・保守・管理していくために必要不可欠なスキルです。
人間資質的なスキルというのは、高いコミュニケーション力。チームや協力体制といった環境に適応することのできる協調性柔軟性。主体的な行動や成長に対する意欲、長時間の作業に対峙する忍耐力などです。
年齢を重ねると、プロジェクトの責任者やイニシアティブをとる立場になることもあるので、マネジメントスキルも必要でしょう。
外資系や金融系企業の社内SEを目指す場合には、ある程度の英語力も必要とされるかもしれません。
携わる業務が企業によって異なるので、必要なスキルというのも企業によって変わってくると言えます。

社内SEにとって、特定の必要な資格はありません。
しかし、自身の勉強やスキルアップの一環として資格を取っておけば、業務の役に立つ資格もあります。「情報処理技術者」「ネットワークスペシャリスト」「システムアナリスト」「システム監査技術者」「プロジェクトマネージャー」「情報セキュリティスペシャリスト」などの資格は評価されることもあるようです。


社内SEへの転職ならレバテックキャリアがオススメ


レバテックキャリア 社内SEに転職する際には、自身の描く社内SEのイメージと、実際の業務の食い違いに注意が必要です。社内SEは、既存のシステムの保守やクレーム対応等がメインの業務になることが多く、一からシステムの開発や構築をしたい人にとっては、自分に合わないと感じることが懸念されます。

社内SEの求人を探したい場合には、IT業界に精通し100%IT・WEBエンジニア専門の転職サービスを展開している「レバテックキャリア」がオススメです。

元エンジニアのスタッフが多数

エンジニアやデザイナー出身のキャリアコンサルタントと話す際には専門用語を使った詳しい希望の話をできます。

相談時間に融通がきく

なんと土日・平日21時からの相談OK。時間が取り難いという方でも面談をできるようになっています。
公式サイトはこちら
TOP 
Copyright © 社内SEに転職したい!|必要なスキル・知識や転職方法まとめ. All rights reserved.